BIO

Personal Profile

Nataliya_Sheptalova.jpg

ナタリア・シェプタロバ モスクワ育ち。モスクワ・アカデミー・オブ・コレオグラフィー、ロシア・アカデミー・オブ・シアター・アート-GITISでトレーニングを受ける。

ロシア国立バレエ団の国際ツアーで白鳥の湖、ジゼル、くるみ割り人形、眠れる森の美女、ドンキホーテ、ラバヤデール、シンデレラ、パキータでさまざまな役を踊る。アメリカではゲルシーカークランドバレエ、アメリカンリバティバレエ、アメリカンスイスバレエ、メトロポリタンバレエ、ビクトリアバレエシアター、その他多くのバレエ団、およびプロジェクトで公演。 また、ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州のトライステートエリアのさまざまな学校でバレエとキャラクターダンスを指導、生徒たちへの教育、ダンス指導に情熱を注いでいる。

Natalia Sheptalova - Robinett grew up in Moscow, Russia and received her training at The Moscow Academy of Choreography, then at Russian Academy of Theatrical Art - GITIS.

She toured internationally with The Russian National Ballet performing various roles in Swan Lake, Giselle, Nutcracker, Sleeping Beauty, Don Quixote, La Bayadère, Cinderella, Paquita.

   Lately  in US Natalia performed with Gelsey Kirkland ballet, American Liberty Ballet, American Swiss Ballet, Metropolitan ballet, Victoria ballet theatre and many others companies and projects. She also being teaching ballet and character dance in various schools in tri-state area NY, NJ, CT.

Natalia  Is very passionate to share her knowledge of classical and character dance with the audience and  her students.